Cityscape2022

ある日、タワーから街を見下ろしたときのことです。カメラのファインダを覗くと、まるでジオラマ模型のような風景が広がっていました。平和によって築かれたこの街は、今でも人の手で簡単に破壊されてしまうのではないかという危機感を覚えました。同時に、私の中で破壊されたウクライナの街並みの映像が重なりました。この街を77年前の一面の焼け野原に戻さないために、自分に何ができるかを考えながら制作しました。

One day I was looking down on the city from a tower. Looking through the viewfinder of my camera, I saw a landscape that looked like a diorama model. I felt a sense of crisis that this city, built by peace, could still be easily destroyed by human hands. At the same time, images of the destroyed Ukrainian city overlapped in my mind. Then, I created this works, thinking about what I could do to prevent this city from returning to the burnt ruins it was 77 years ago.